商品説明

チチガ対策にデオナチュレは使わないほうが良い?

デオナチュレはチチガ対策にむかない?

デオナチュレはワキガ用デオドラントの中でも人気の製品です。

アットコスメでもベストコスメ対象に殿堂入りしてるデオナチュレ。
ドラッグストアなどでも販売しており、価格も安価なのでつかっている方は多いかもしれません。

ひどくないワキガの場合はデオナチュレでもニオイを抑えることができると思います。

しかし、ワキガの症状がひどい場合や、今回のようなチチガのニオイ対策には正直向いていないデオドラント剤だといえます。

今回はデオナチュレがなぜチチガ対策に向いていないのかを紹介していきます。

デオナチュレの成分に注目

デオナチュレのワキガに有効的な成分は「焼ミョウバン」と「イソプロピルメチルフェノール」とよばれる成分です。

焼ミョウバンとはその名前の通りにミョウバンを焼いたものです。
基本的に市販されているミョウバンは焼ミョウバンを指すことが多いですね。

ミョウバン自体はワキガ対策に昔から使われてきた成分です。
比較的安価で手に入るので、自宅でミョウバン水を試したかたも多いのではないでしょうか。

確かに、軽度のワキガであればミョウバンは効果があるといえるかもしれません。
ミョウバンには収れん作用による制汗作用が期待されていますからね。

ですが、中度以上の症状になるとミョウバンでは抑えきれなくなってきます。

※どのくらいを中度と決めるかは人それぞれだと思いますが、周囲の人が不快に感じるくらいのニオイを出すようであれば、中度の症状だと私は思います。

イソプロピルメチルフェノールは殺菌効果の高い成分なのでニオイを抑えるには効果的であると言えます。

デオナチュレの成分に注目

デオナチュレの成分にも注目してみましょう。
チチガやスソガのケアに重要なのは安全な成分かどうかです。

デリケートゾーンなので、害のある成分を使っていると、かゆくなってしまったり、かぶれてくる危険性があります。

デオナチュレの有効成分であるミョウバンは安全な成分といえます。
しかし、デオナチュレにはこのような成分も使用されています。

  • メントール:香味料、香料
  • 水添ヒマシ油:油剤、閉塞剤
  • シクロペンタシロキサン:合成ポリマー、溶剤
  • POPブチルエーテル-1:合成界面活性剤、乳化剤
  • セスキイソステアリン酸ソルビタン:合成界面活性剤、乳化剤
  • ステアリルアルコール:油剤、乳化安定剤
  • BHT:酸化防止剤

これらの成分は身体に良くない成分です。

安価で効果のある商品を作る場合にはどうしてもこのように強い成分をつかう必要があります。

肌が強い方であれば大丈夫かもしれませんが、使い続けることで悪い成分は身体に蓄積していくということも考えられます。

実際に、ワキガ対策としてワキにデオナチュレを使っている友人がいたのですが、最初は効果があるように思っていたそうです。しかし、1週間くらい使っていくうちにワキがかゆくなって赤くなってしまったようです。

特に肌が弱いというわけではなかったのですが、とてもかわいそうでした。

 

 

以上の点から、私はデオナチュレをチチガやスソガ対策には使用しないほうがいいと思います。
チチガやスソガ対策には専用に作られたデオドラントクリームを使用したほうがよいでしょう。

 

チチガに効果のあるクリームランキングはこちら

デオナチュレ

デオナチュレ
4.2

ニオイ対策に使えるか

3.0 /10

持続性があるか

1.0 /10

値段

7.0 /10

使いやすさ

5.0 /10

見た目

5.0 /10