ケツガの対策方法

【保存版】ケツガはお尻のワキガ?対策で手術はやめた方がいい?

更新日:

【保存版】ケツガの対策はクリームで!手術はやめた方がいい?

ケツガもチチガとならぶニオイの悩みとして挙げられます。

ケツガとはお尻のワキガのことです。
チチガに悩んでいる方はワキガ体質なのでケツガも併発しているかもしれません。

ケツガの対処法や手術について解説していきます。

ケツガとは

ケツガとはお尻のワキガです。

お尻(肛門)のあたりからワキガのようなニオイがする症状です。
ケツガと呼ばれる以外にも、「お尻ワキガ」「シリガ」などと呼ばれることもあります。

肛門のあたりにもアポクリン汗腺があり、そこから出た汗と細菌が交わることでニオイを発生します。

また、お尻の部分から嫌なニオイがする場合、ケツガだけでなく他の原因が関係している可能性もあります。

性的興奮でニオイがきつくなる

ケツガは女性も男性もなる症状です。
女性の方が男性よりもケツガになる人は多いとされています。

また、異性とエッチをする時など性的興奮が高まるとニオイもきつくなります

これは、性的興奮が高まるとアポクリン汗腺から汗が分泌されるからです。
昔はフェロモンのような役割をしていましたし、今でも欧米ではセックスアピールとして魅力的とされる文化もあります。

しかし、日本では嫌われがちなので、しっかりとケツガ対策をする必要性があります。

自分がケツガかどうかを見極める方法

ケツガかどうかを見極める方法は、体質が関係しています。

  • ワキガ、チチガ体質である
  • 耳垢が湿っている
  • 嫌なニオイが玉ねぎや鉛筆の芯のようなニオイである

これらに当てはまる場合はケツガである可能性が高いでしょう。

逆に、どれも当てはまらない場合はケツガ以外の可能性が考えられます。

ケツガ以外のニオイの原因とは

ケツガ以外の肛門のニオイの原因を紹介します。

  • 便の拭き残し
  • 脱肛
  • 痔(いぼ痔、切れ痔)
  • 肛門括約筋の緩み

これらの可能性が考えれます。

便の拭き残しの場合は、自分でしっかりと注意してケアすればいいので問題はないですが、それ以外の場合は自分でケアすることは難しいでしょう。

これらに当てはまる場合は専門医に相談するのが一番確実です。
少しでもおかしいなと思った場合には、近くの肛門科がある病院で相談してみるのがいいでしょう。

 

ケツガの原因とは?

ケツガの原因はワキガやチチガと同じようにアポクリン汗腺からの汗と細菌が混ざることで嫌なニオイを発生させます。

体質的に、男性よりも女性の方がケツガになりやすいです。
女性の場合、性器からワキガ臭がすることもあります。

これは「スソワキガ」「スソガ」と呼ばれる症状で、ケツガとは部位が違います。

ケツガの場合、肛門周辺のアポクリン汗腺が原因になるので、刺激の強い対策などはできません。
薬用せっけんなどで念入りに洗ってしまうと、粘膜が取れてしまい、違う雑菌などが繁殖する危険性もあります。

ケツガの対策はどうする?

ケツガの対処法

ケツガの場合の対策方法を紹介します。
ケツガにはいくつかの対策方法があります。

清潔にする

ケツガ対策として一番簡単なことは清潔にするということです。

原因は上部で紹介した通りですので細菌を繁殖させないようにするとニオイを抑えることが可能です。

トイレで汗をこまめに拭きとる、ウォシュレットを使うなどして清潔を保つことが一番の対策です。

ですが、刺激の強いものを使うのはやめましょう。
ニオイに過剰に反応して、薬用せっけんなどで頻繁に洗ってしまうと保護するための粘膜がなくなってしまいます。

お風呂場で洗う場合などはぬるま湯で軽く手洗いをする感じで十分です。

下着にも注意

下着も注意するようにしましょう。
風通りが悪い下着を着用していると、汗をかきやすくなり、結果としてニオイが発生しやすくなります。

また、下着を清潔にしていないと菌が繁殖するので毎日交換することを心がけましょう。

衣服用消臭剤を使う場合の注意点

衣類用の消臭剤を使う場合は注意してください。
特に下着に使う場合は市販されている消臭剤(ファブリーズやリセッシュなど)は使用しないほうがよいでしょう。

デリケートゾーンにはこれらの製品は向いていません。
肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。
必ずデリケートゾーン専用の商品を使うようにしてください。

携帯用ウォシュレット

お尻をきれいにするにはウォシュレットもオススメです。
日本のトイレでは常備されていることも多いですが、衛生面が不安という方もいらっしゃると思います。

特に、海外に行くときなどは携帯用ウォシュレットは必需品ですね。

携帯用ウォシュレットは電池式や手動式、加圧式など色々な種類があります。
アマゾンなどでも気軽に購入できるので、自分に合ったものを選んでください。

ケツガは手術できる?

ケツガの治療方法として手術を考える方も多いと思います。
ケツガは手術をすることは可能です。

手術の方法について解説していきます。

ビューホット治療

ビューホット治療は最新のワキガ治療の1つです。

高周波でアポクリン汗腺やエクリン汗腺を破壊して汗を止めてしまいます。

施術できる病院は数が限られていますが、高い効果が期待できます。
痛くなく、切らないので傷はつきにくく、小学生でも治療可能な施術です。

また、術後すぐに動くことができるので入院が不要なのも人気です。

ケツガやチチガの手術を考えている方には一番オススメできる方法でしょう。
しかし、費用が30万円~必要になってきます。

実費診療となるので本気で何とかしたいという方にはオススメです。

ボトックス治療

ボトックス治療で肛門からの発汗を抑える治療方法です。

早い段階から効果を感じることができますが、効果の期間が約半年程度なので永久に完治するわけではありません。

とりあえず今ニオイを抑えたいという方にはオススメです。

電気凝固法

ケツガの手術として人気なのが電気凝固法です。

アポクリン汗腺を電気で固める(凝固)させるという手術内容です。

お尻にかく汗の量を減らすことになるので、ニオイを抑えることができます。

費用としては1カ所5万円~が相場です。

ケツガを手術するデメリット

当サイトではあまりケツガの手術をオススメしていません。
その理由は以下の通りです。

  • 費用が高い
  • 再発の可能性がある
  • 施術できる病院やクリニックが少ない

これらの理由からオススメしていません。

ケツガを手術する場合、ビューホットだと30万円~の費用が必要となります。
保健が適応されない自由診療が多いので、どうしても施術費が高くなってしまいます。

これだけの費用をかけても再発する可能性があります。
再発するのであれば、高いお金を払ってリスクを選ぶ必要もないのではと思います。

また、そもそも施術できる病院が少ないです。
ケツガの手術は誰にでも出来るものではありません。

それに、病院に相談に行くのが恥ずかしいという理由もあります。

ケツガの対策にはデオドラントクリームを使おう

当サイトでは、ケツガの対策としてデオドラントクリームをつかうことをオススメしています。
中でも、クリアネオが安全で効果の高いクリームとして紹介しています。

デオドラントクリームの選び方

  • 安全な成分であること
  • 消臭力が強いこと
  • 持続性が高いこと

これらに当てはまることが必要です。

肛門周辺はとてもデリケートです。
どんな製品でもつかっていいわけではありません。

必ず、デリケートゾーンにも使ってよいクリームを選んでください。

市販されているものを使うと、鉱物油や添加物が入っていて肛門があれてしまい肌トラブルを引き起こす可能性があります。
気を付けてくださいね。

また、使用した後はしっかりと乾燥させてから下着をつけるようにしましょう。
乾く前に下着をつけてしまうと蒸れてしまうこともあり、逆効果になりかねません。

すぐに乾くクリームを使うのもポイントです。

クリアネオは安全な成分で作られていますし、消臭効果、持続力も強いのが特徴です。
ケツガで悩んでいる場合は一度考えてみるのが良いでしょう。

>>ケツガの手術や対策について

-ケツガの対策方法

Copyright© チチガ対策クリームオススメランキング【最強版】 , 2017 AllRights Reserved.