チチガと赤ちゃん

チチガで授乳しても大丈夫?あなたの不安を解消します。

更新日:

母乳からワキガのニオイがしたり、赤ちゃんからワキガのニオイがする場合があります。それはチチガかもしれません。
あなたがチチガで悩んでいるのであれば力になれると思います。

私もチチガで現在2人の娘がいます。実際にチチガで授乳しても大丈夫なのか調べたこともあります。チチガで悩んでいる場合には参考にしてみてくださいね。

チチガで授乳しても大丈夫?

結論から言うと、チチガで授乳しても大丈夫です。
赤ちゃんにとって母乳は栄養の源です。

産婦人科などでも、チチガであることを確認されたり、気を付けるように言われなかったと思います。

それは、チチガであっても赤ちゃんには問題ないからです。

それでも心配!といった方の為に、簡単に出来る対処法を紹介します。

チチガの方が授乳中に気を付けるポイント

タオルの画像

赤ちゃんに授乳をするときに気を付けるポイントや対処法を紹介します。

その1、乳輪周りを清潔にする

チチガのニオイは乳輪周りにあるアポクリン汗腺から出る汗に細菌が繁殖することによってニオイが発生します。

授乳する前後に乳輪周りをきれいにしましょう。
お湯で濡らしたタオルなどで拭いてあげるだけでニオイを抑えることができます。

ボディソープなどできれいにしてあげるまではしなくても良いです。
母乳自体にもともと菌がいることや、細菌は誰にでもいるものですので、赤ちゃんの免疫力をつけるためにもニオイがそこまで気にならない場合は軽くタオルでふくくらいで良いでしょう。

この時の注意点は、力を入れてゴシゴシ拭かないということです。
あまり力を入れすぎると肌荒れの原因になったり、乳首を傷つけていしまう原因にもなりかねません。

また、母乳で殺菌するという方法もあります。
母乳には殺菌成分が入っているので、これを利用するということです。

その2.身の回りを清潔にする

身の回りのものを清潔にしておくことも必要です。

特にブラジャーはきれいな状態にするように毎日洗濯しましょう。
不衛生なままブラジャーを使いまわすと、菌が繁殖しニオイのもとになります。

ブラジャーのサイズも注意が必要です。

サイズは締め付けがきつくない風通しの良いものを着用しましょう。母乳パッドにニオイが付いてしまっている場合も清潔にするようにしましょう。

部屋着をきれいにしておくこともポイントです。
部屋着はあまり洗わないという方もたまにいらっしゃいます。

数日使いまわすことで菌が繁殖し、これもニオイの原因になります。
特に夏場は汗をたくさんかくので毎日選択して清潔にしましょう。

同時にバスタオル毎日洗濯しましょう。
バスタオルはきれいな身体を拭くものだから大丈夫という方がいらっしゃいますが、菌はついています。

生乾きのまま放置するとさらに菌が繁殖しますので注意しましょう。

その3.安全なデオドラントをつかおう

チチガの症状がひどく、ニオイがきつい場合はデオドラントを使うことも考えましょう。

ミョウバンでニオイケア

ワキガなどにもよく使われるのがミョウバンですね。
ミョウバン水を作って、乳輪周辺に塗ることでもニオイの発生を防ぐことができます。

安くて安全なのもいいですよね。
ただし、持続力が少なく何度も塗らないといけないのが難点です。

デオドラントクリームでも可

当サイトでもオススメしているデオドラントクリームを使うのも良いです。

しかし、欠点がありデオドラントクリームは持続性があるようにできているので油分が入っています。

無添加でつくられてはいますが、授乳前にはしっかりと拭いてあげる方が良いでしょう。

チチガに効果のあるクリームランキングはこちら

授乳を終えるとチチガはなくなる?

チチガの原因のひとつにホルモンバランスの乱れがあります。

特に、妊娠中や産後は発汗を抑えるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が激減するため、産褥期多汗(さんじょくき)により臭いが強くなる傾向があります。

また、プロゲステロン(黄体ホルモン)が優勢になると、体温が高くなりアポクリン汗腺からの発汗が増え、これも臭いを強める原因になります。

授乳期間が終わるにつれて、ニオイがおさまっていく方もいます。
しかし、体質が変わってチチガになってしまう人がいることも事実です。

-チチガと赤ちゃん
-,

Copyright© チチガ対策クリームオススメランキング【最強版】 , 2017 AllRights Reserved.